Antioxidant vegetables 抗酸化野菜

身体のサビ「活性酸素」

身体のサビ「活性酸素」

わたしたちの身体は生きるために酸素を取り入れ、エネルギーとして利用しています。
体内に取り込んだ酸素の一部は、「活性酸素」と呼ばれる物質に変化し、細菌やウィルスから身体を守る免疫機能などを担っています。
ところが、「活性酸素」は体内に多く存在しすぎると細胞を傷つけ、生活習慣病や老化促進など様々な問題を引き起こします。

身体のサビと戦う

身体のサビと戦う

この活性酸素と抗酸化酵素・抗酸化物質のバランスが崩れた状態を酸化ストレスと呼びます。
活性酸素により傷つけられた組織は、体の中の抗酸化酵素が防御・修復を行い再生しますが、この抗酸化酵素の延命に関わっているのが、野菜や果実・穀物から摂取される抗酸化物質です。抗酸化物質は食べ物から摂取することができますが、抗酸化特性を高めるよう栽培した農産物が抗酸化野菜です。

毎日の食事から健康を

毎日の食事から健康を

当ファームでは農業従事者として健康を食生活からサポートする重要性に着目しました。
この【抗酸化野菜】は、順天堂大学大学院医学研究科 博士 豊田哲郎先生、研究諸機関と共同製品開発を進めており、数値に裏付けされた農産物生産に積極的に取り組んでおります。

抗酸化野菜ORP酸化還元電位(mv)
当ファーム産 一般的な野菜
ナス +148mv +278mv
じゃがいも -88mv +162mv
オクラ +7mv +80mv
※ 値が小さいほど抗酸化能力が高いことを示しています